読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

綺麗は汚い

好きなものは宝塚

雪華抄/金色の砂漠

f:id:kawakamo:20161119221920p:plain



観劇して参りました!!!!!

いや〜好き!!!!

個人的には雪華抄もコンサバ(と言うらしい)もどちらも最高でしたまる



雪華抄

チョンパから始まる和物ショー。

とても華やかな始まり。

今回は1階下手で見たのですが、2階のセンターでも観てみたかったなぁと思いました。

しかしメロディーが頭に残らなかったのが少し惜しいところかな。

いや、わたしだけかもしれないけれど。

をどりのメデタヤナはすごく頭に残ったから。


1番好きな場面は彦星と織姫の場面!

始まり方がちょっとしたお芝居の始まりのようで一気に引き込まれました。

後ろが鏡になってたので幻想的な世界が広がってて…美しかった。


明日海さんはやはり美形ですね。

日本物のお化粧してるとより一層美形が際立つ…




金色の砂漠、略してコンサバ(言いたがり)

いや〜!!!待ってたよ!!わたしは待ってたよ!!!



こういう明日海さんが見たかった



最高すぎません!?!?

まずわたしは奴隷に惹かれる傾向があるので(ドラゲの真咲さん奴隷大好物)コンサバが好きなのは観る前から分かってたの。

けど予想以上だった!!

内容に関しては賛否両論あるみたいだけどわたしは好きです。はい。

花乃さまに踏まれる明日海さんとか罰として四つん這い維持し続ける明日海さんとか子供時代の明日海さんとかもうこれ以上言うと下衆いことになりそうなので黙ります。自主規制。



さいっこうだね(^-^)(下衆顔)



フィナーレも良かった!

特にデュエダンが涙無しでは見られなかった。

今まで見たデュエダンの中で1番好きかもしれないというくらい良かった。

最後2人で大階段を登っていく後ろ姿を見て勝手に号泣してました。



普段DVDやBlu-rayを買わない母が

「これは絶対買うわ!!!」

って言うくらい面白かったので皆さん絶対1度は観た方がいいと思います。回し者ではありません。






雪組トップコンビが退団発表をしましたね。

すごく寂しいです。

ちぎみゆという2人の空気感が大好きで、宝塚ならではの夢をみさせてくれるコンビだったので、ちぎみゆが退団した後はわたしは少女漫画的胸キュンをどこに求めればいいの!?!?と焦ってます。勝手に焦ってます。

同じ日に退団発表、同じ日に退団会見。

2人のコメントを読み、素敵なコンビだなぁと改めて思いました。

中日公演には行けないのでお2人の退団公演は通いたいと思います(宣言)





アーサー王伝説

f:id:kawakamo:20161103112359p:plain




10月30日、行ってまいりました。アーサー王

月組新トップスターのプレお披露目。

結果的に言うとわたしはすごく好き。

面白かった。大劇場で観てみたかった。

プレお披露目なのにたまちゃぴのあの結末はどうなの?という意見も見かけたが、いいんじゃないの??(適当)



お席がなんと最前列の通路側という神席(自分でもよく分からない)だったので、舞台は近いわ横をみんな通るわで緊張しつつもすっごく楽しめました。



たまさま、とってもかっこよかった。

観劇するまでは

「たまちゃぴは最初のうちはちゃぴが引っ張っていく感じのトップコンビなんだろうな」

とか思っちゃってましたすみません。

堂々としてて包容力もあり、ガッシリしているのかと思いきや細やかなところが垣間見える…



たまさま最高(ミーハー)



そしてちゃぴも静かに寄り添って女神の微笑みを浮かべておりました。

たまちゃぴおめでとう。




アーサー王讃歌で


「恐れられる王ではなく愛される王に

そして民を愛する慈悲深き君主に」


と歌うたまさまに涙涙。

他にも希望の扉や宿命の歌を歌うたまさまに涙が止まりませんでした。(私の立ち位置)



たまさまの肩のドリアンは意外と柔らかそうでした。(無駄情)



ちゃぴのグィネヴィアは浅はかで2人の男の間でフラフラしてて最後は狂って全く感情移入出来ませんでした。ドールダンスはすごかったです。


美弥さまのマレフィセントは「お、おぉぅ…」ってビックリしたけど美弥さまの醸し出す妖しげな色気がモーガンさまとリンクするところがあって、ああいう役をやらせたら美弥さまの右に出る者はいないよなぁと思いました。(だから私の立ち位置)



あーさのランスロット

二次元か(真顔)

何刈り上げちゃってんの!?!?殺す気なの!?!?

って客席でキレてたんですけど(勝手にキレられるあーさ被害者)、あーさには王道の恋よりも儚い恋、叶わぬ恋の方が似合うと思うのは私だけでしょうか…

「大好きだゾッ☆(デコツン)」よりも「離れていてもお慕いしております…サヨウナラ…」の方が似合うと思うのは私だけでしょうか…

ということで(どういうことだよ)今回のあーさランスロット君、とてもよかったです(締めが雑)

ヅカ版1789のフェルゼンとか似合うんだろうなぁとか思ってました。



こんだけ好き勝手語りましたけど、今回アーサー王を観に行ったのは別の理由なんですよ。(べぇつの理由だとぉ?)(お屋形様)




レイアさま役の早乙女わかば氏を見るためですよ!!!!!!



そうなんです、わたしわかばちゃんの大ファンなんですよね。はい。

わかばちゃんにオちた理由も1789を最前列で観た時にパレード最後銀橋に並んだ時目の前にわかばちゃんがいてニコッと微笑まれたからなんですけどね。チョロいでしょ。知ってる。

ちなみにこの様子は1789のDVD収録の日だったので持ってる人は再生してみてください。私に微笑むわかばちゃんがバッチリ映ってます。(自重はしない)



レイアさま美しすぎた…

わかばちゃん初の悪役、最高でした。

わかばちゃんったああいうロックな衣装似合うよねー!!!

ドラゲのプロローグの衣装とか!!!

アーサー王本編ではほとんど笑わないわかばちゃんだけどフィナーレでは一転ニコニコわかばちゃんで「この一度で二度おいしい感じたまらん!!!!」と悶えました。

グラホも楽しみだなぁ…役替わりだけど…役替わりだけど…(ふふふ)



そしてデュエットダンス!!

衣装が好き!!!

FEのプロローグ思い出しちゃうよね(笑)

リフトとかはなかったけど、すっごく幸せ溢れるデュエットダンスでした…

2人のこれからの幸せを願わずにはいられないような…

やっぱりデュエットダンスってこういうものですよね、幸せに踊る2人を見た何百人何千人のファンも幸せになるっていう。

ほんとにデュエットダンス重要。ぜったい。(まさちゃぴファンとしての一言)



長くなりましたが、真咲さんが去った後の月組、新たな月組を見ることに少しの怖さもありました。

でも月組さんは何も変わらない、みんな一人一人がしっかりと役を演じてて、芝居の月組、最高の月組でした。




つっつっつっきぐみさいこー!さいこー!



(終)(言い逃げ)




私立探偵ケイレブ・ハント/GREATEST HITS!

雪組公演観劇して参りました。

大劇場で観劇するのは信長のムラ千秋楽以来なので3ヶ月ぶりでした。

やっぱり宝塚って最高ですね。



「私立探偵ケイレブ・ハント」

なんだかよく分からなかった…(小声)

見終わった後に

「で、何が言いたかったの?」

って思わず声に出してしまいました。

起承転結?何それおいしいの?的な。

けどちょいちょい笑いが起こる所があって、そういうところは楽しめました。そういうところだけね…(小声)

まぁうちの母ちゃんは始まって5分で寝てました。それだけ。



「GREATEST HITS!」


よかった(大声)

セットも豪華で楽しかった。

稲葉先生のショーってセット豪華だよね!!

GOLDEN JAZZとかさ!!

やっぱりセットが豪華だとテンション上がるよね!!!

Forever LOVE!!でのしょぼセットの恨みは一生忘れません(真顔)

ゆうみちゃんのマテリアルガールとかほんっっっと可愛くてビックリした。

ちぎみゆってイイヨネ!!!

わたしそんなちぎみゆかわい〜とかいうタイプじゃなかったんだけどちぎみゆいいわ、素敵。

オペラ無しで全編見たのだけど、なんか雪組の雰囲気が好きだな〜って思いました。



幕間にモスコミュール飲みました。

母と飲んだのですが、母が「飲んだら頭がスカッとする。あ、もしかしてそのためのアルコール?」って言ってて笑いました。

ショー前に頭がスッキリしてよかったです。オススメ。

人生は面白いって

f:id:kawakamo:20161010105059j:plain

誰も求めてないのは分かってますが、私が宝塚に、そして真咲さんという沼に落ちた話をしようと思います。



宝塚にハマるきっかけってわりと親の影響が多いと勝手に思ってます。

私も例に漏れず、母がライトな宝塚ファンで年に数回観劇しに行くのを目にしておりました。


私が幼稚園くらいの頃かな?

「宝塚観に行こっか!」

という声が聞こえて来ました。

が、それは私に向けられた言葉ではなく私の姉に向けられた言葉でした。

チケットが2枚しかなく、母は小学生だった姉の方が大人しく出来るだろうと連れて行ったのだと思います。

私は「お姉ちゃんだけ連れて行ったお母さん」が忘れられなくて、その後成長してから母に誘われても「行かない。行きたくない。」と宝塚へ行くことを拒み続けていました。



そうです、ただ盛大に拗ねていただけなのです。

当時の私は天童よしみさんは宝塚の人だと思っていました。(無駄情)



そして時は過ぎ高校3年生の冬、


「今回はチケット3枚取れたからみんなで行こ!?!?!?」


と母の大きな声が家に響きました。

正直全然楽しみじゃなく、「あ〜3時間も座るの我慢出来るかな〜?」と思いながら当日劇場に着きました。


その時の演目は雪組さんの

Shall we ダンス?/CONGRATULATIONS 宝塚!!」


1階後方センターブロック通路側でした。

お芝居は出てくる人たちの役名が覚えられなくて誰が誰か分からないまま、何が何やら分からないまま終わった記憶があります。

そしてショー。

客席降りにビックリしすぎて

「何か来る何か来る何か来るやばいやばいやばいこわいんだけど」

と母に言いました。

しかもとってもとっても可愛い人が真横に。

すごく優しくハイタッチしてくれました。

その人が誰なのか、後日知りました。



あゆっち。(白目)



トップ娘役さんだとは全然分かってませんでした。すんません。

ショーも誰が誰か分からないまま終わりましたが、すごく楽しんだ記憶があります。

終演後お母さんに「どうだった?」と聞かれた私は



「なんか衣装格差がはっきりしててすごかった」



と言ったらしいです。冷めてる。

宝塚初体験はそんな感じでした。

その時点ではあんまりハマってません。

「まぁ次もチケットあるなら行ってもいいけど?」

って謎の上から目線かましてました。すみません。



そして運命の真咲さんとの出会いです。

そうです、今までのは全て前置きです。

前置きが長いことで有名です。

以後覚えておいてください(やめ)





真咲さんとの出会いは100周年記念公演の4/27のセディナ貸切でした。

2階席下手から観ました。

前日10時間アルバイトをしたのに、明日宝塚だと思うと何故か緊張して眠れなかった私は宝塚をどりでこっくりこっくり。

センチュリー号は楽しみました。

そして花詩集100



「衣装やばい(白目)」



と思いながら観てました。くるっくさん。

今回も誰が誰だか分からないまま終わり、

「次はもっと前の方で観たい。じゃないと誰が誰だか分からない。」

などと言いながらロビーへと向かいました。我ながら本当にあつかましい。




すると!!!!!!!!!!!(いきなり)




キラッキラに輝くポスターが柱に貼ってあるではありませんか!!!!

1人の男役と1人の娘役が写っているポスター。

思わずお母さんに聞きました。




「お母さん!!!!このイケメン誰!?!?!?!?」



「あんた今見たでしょうが!!!!!!!」





なんということでしょう。それが龍真咲さんだったのです。

しかもそれがさっき見た人だったとは。

その後にトップ伝説が放送されるをことを知り、見ました。

ハマりました。龍真咲という人にハマりました。

見た目の美しさはもちろん、くるっくさんのお衣装を着こなす真咲さん、歌を歌う真咲さん、ちょっと上手いのかどうなのかよく分からないダンスを踊る真咲さん。全ての真咲さんに惹かれました。

そして1人イヤホンを付けて練習する真咲さんを見て泣きました。

(うんうん、真咲さんはそういう人だよね…やっぱり…)

とファン歴数日の私は泣きました。

何も分かってないのに勝手に泣きました。

ほんと当時の私あつかましい。殴ってやりたい。




そうなのです。(切り替えの早さ)

私は真咲さんと出会ってから2年しか経ってないど新人なファンなのです。

トップになった真咲さんしか知らない。

真咲さんの長い宝塚人生の中の最後の2年しか知らないのです。

たった2年。されど2年。

真咲さんに夢中になるには十分すぎる時間でした。



きっとこれからも女性に戻った真咲さんの沼にズブズブズブズブズブズブズブズブズブズブズブズブズブズブズブズブズブズブズブズブズブズブズブズブズブズブと足を突っ込むのでしょうね(もうすでに首まで入ってます)




真咲さんとの出会いのエピソードで私が誰だか一部の人にバレそうですが、そっとしておいてください…(^-^)




愛さずにいられない

こんにちは。

タイトル通り、愛さずにいられない

誰をだよ、まさおちゃんをだよ。

ってことで主に真咲さんを愛でるだけのブログです。


真咲さんが宝塚という世界をご卒業されて早1ヶ月と少し。

いろいろありましたね。

インスタはじめてくださったり、ガラコンへの出演が発表されたり。

喜びに溢れる真咲さんファンの方々を横目に私は1人外の世界に置かれているような感覚に陥ってしまいました。(いきなり始まる自分語り)

「真咲さんって前に進むのが速すぎて私たちそのうち追いつかなくなっちゃいそうだよね(笑)」

と友人と語った日がありましたがそのうちではなくその時はすぐ来ました。

そして置いていかれた私は(私は宝塚歌劇団月組の龍真咲が好きだったのかな…)とか1ヶ月間悩んでいました。


が!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!(どうした)


周回遅れだった私が気持ち的になんとか追いつけた気がするのでブログを始めた次第で、ございます。。


約1年半前の真咲さんがただ喋るだけのDVDを久しぶりに再生してみたらなんだかつっかえてた物がストンと下に落ちました。

やっぱり真咲さん好き愛してるフォーエバーラブ。となる私はやっぱり単純脳でした。


真咲さんって言うことやることが大胆で、ネットの記事や公演のレポではそういうところばかりが取り上げられてアンチの皆さんからは叩かれることが多かったけれど実際の真咲さんは細やかな気配りが出来る人なんですよね。

ほんと面白いところばかりじゃなくそういうところを取り上げてほしいなってずっと思っておりました。

まぁ今更何を言っても仕方あるまい。


好きな人だけが好きでいいじゃないか!(満面の笑み)